MacPortsのselfupdateに失敗していた件について

早速selfupdateを試みたけれどこんな感じでエラーを吐かれちゃってアップデートできなかったわけだけど、どうやらMacPorts以外から入れたreadlineが悪さをしていたのが原因だったらしい。

で、対処法として一旦そのreadlineを今ある場所から退避させてselfupdateを行い、そしてまた戻すというのが挙げられていたけど、上記のスレッドの発起人のようにどこにあるかわからなかったので、/usr/localのディレクトリ名を一旦変更してselfupdateを行い、元に戻すという方法をとった。

今後もselfupdateは行うことになるわけで、いっそ古い方は削除しちゃおうかな。

古い方(/usr/lib/libreadline.a)は削除して、MacPortsで入れた/opt/local/lib/libreadline.aに向けてのシンボリックリンクを作成しておいた。

ついでにgnuplotMacPortsから入れ直している。configureの引数に--enable-history-fileを追加するために、sudo port edit gnuplotからPortfileのconfigure.argsに追記すれば良いんだと思う。

すでにAquaTermをインストールしてある場合にバッティングするので、インストールの前にそっちを削除する必要アリ。/Library/Frameworks/AquaTerm.frameworkの削除も忘れずに。