「フルメタル・パニック! ずっとスタンド・バイ・ミー」を読んだ

ついに完結!友達の家でふもっふのラグビーの話を見てから幾年月、長かった!賀東先生、お疲れさまでした。 読み終えたばかりなのであまりまとまらないけど、とりあえず書く。以下ネタバレ注意。

Fwd: 詳解 Objective-C 2.0

荻原さんがObjective-C 2.0の本を出す。これは買わねば。

『恐るべき旅路 火星探査機「のぞみ」のたどった12年』を読んだ

読み始めてから一度間を空けて、つい最近一気に読み終えた。 当時、火星衛星探査機「のぞみ」の存在が自分の生活に大きく印象を与えたということは、正直無かった。「がんばれー」とは思ったりはしたけども、「のぞみ」の生死に生活が左右されるようなことは…

就職活動が始まって参りました

イベントやらなにやらが重なり過ぎです。スケジューリングとメモにGoogle CalendarとGoogle Notebookが大活躍。 最近読んだものとか 神様のメモ帳 - 杉井 光 : 最後の方の台詞さえなければなぁ。まるっきりツンデレのテンプレのような発言じゃないか。 「へ…

2007年09月06日

台風. 昼頃からずっと肩が痛い.なので台風の影響で塾が休校になったのは救われた感じがした. iPod touchを買おうかどうしようか悩んでいる. 最近読んだ本・マンガ ドミノ - 恩田 陸 : いくつもの視点が同時進行な書き方は好き.仮に映画化するとしたら,…

2007年08月21日

塾の夏期講習が再開した。時間が早いので、研究室に行けていない。っていうか1週間ぐらい休んでいいんじゃないかと思う今日この頃。 裏庭に住み着いていた猫が、足をひどく怪我したのか、完全に引きずって歩いている。病院に連れて行きたいところだが、そう…

映像による思考

そして今日もMORI LOG ACADEMY.2巻の2006年3月あたりを読んでいる.で,そこに書かれていたのが,森博嗣は言語(というか厳密には音?)ではなく映像で思考しているので,文章を読んでいるときには文字から映像へと変換する手間がかなり大きいため,本…

誼 阿古「クレイジーカンガルーの夏」を読んだ

ライトノベルなレーベルから出てるけど,中身は全然そんな感じじゃなかった.やるな,GA文庫. にーちゃんがカッコいいです.自分もこんなにーちゃんになりたかったけど,どこでどう間違ったんだか.初代ガンダムとか,当時(1979年)のネタが盛り込んである…

スカイ・クロラがアニメ映画化するらしいんだが。

読売オンラインの記事を読んで知ったんだけど。 …あの空中戦が見られるのか、案外楽しみかもしれない。

「イリヤの空、UFOの夏」

読み終えた。 3~4巻で急激にストレスを感じた。思考は度々オーバーフローしてた。シーンが進んでも全身に残る喪失感。浮き足だったところで上から垂直に殴られ床にたたきつけられる感じの作品が好きらしい。読んでる間は呼吸も出来ないけど。 とりあえず「E…

今更ながら「涼宮ハルヒの消失」

本当に今更でごめんなさい、最近読んだばかりなもんで。でも気になることがあるので。もちろんネタバレなので、未読の方々はそこらへんご注意を。 で、気になることというのは、「4/18に改変直後に3年前から戻ってきたキョンによって再改変が行われてるんだ…

「Objective-C Mac OS Xプログラミング」を手にいれた

というわけで、Objective-C Mac OS Xプログラミングを手にいれた。 目次から予想はしてたけど、初心者やすぐにでもアプリケーション作成を始めたいって人向けではなく、言語の解説の方に重点が置かれてる。詳しくはmkinoさんの日記あたりを参考に。 先にヒレ…

「半分の月がのぼる空 5巻」を読んだ

「半分の月がのぼる空 5巻」を読んだ。今回は長期戦というか濃い戦いになることが予想されたので、親が西友で買ってきた赤福とお茶を傍らに置いて挑んだ。 以下、うだうだとネタバレを含む感想を書き綴るので、未読の人は注意すべし。

やっと「猫泥棒と木曜日のキッチン」が出荷された

橋本紡の猫泥棒と木曜日のキッチンがbk1からやっと出荷された模様。明日にでも届くんじゃなかろうか。 発売日に本屋に行けなかったけど、余裕で手に入るだろうと思っていたら、気づけばメディアワークスの方に在庫がなくなっていたらしい。そりゃ書店で見か…

「しにがみのバラッド。7巻」を読んだ

ハセガワケイスケの「しにがみのバラッド。 7巻」を読んだ。 6巻が4月発売で、4ヶ月経った割には結構早く出たなぁと。 今回はお仕事(?)2話に謎(?)1話の3話構成。目次も見ずに読んでいたので、前半2話を読んでいるときに妙に長いなぁと感じた。 あーい…

「サマー/タイム/トラベラー」を読んだ

新城カズマの「サマー/タイム/トラベラー」(一巻・二巻)を読んだ。 SFなのかな?タイムトラベルが出てくるけど、それを使ってどうこうしようっていうより、その周辺で起こる出来事を綴ったって感じ。つまり、スポーツ年鑑は必要ないってこと。 作中、彼ら…

“Mac OS X Cocoaプログラミング”とか

現在、MacでMac OS X Cocoaプログラミングを読みながらちまちまと遊んでいる。 Interface Builderがすごーく便利。Visual Studioとか使ったことないから比較できないけど、インターフェイス周りの作成がほとんどGUIでできて、それらのソースを弄る必要が無い…

「フルメタル・パニック! 悩んでられない八方塞がり?」を読んだ

賀東招二のフルメタル・パニック! 悩んでられない八方塞がり?を読んだ。まぁ、いつもの如く軽やかに、爆笑、爆笑、また爆笑。電車の中で読んではいけない。 というわけで、以下ネタバレ含むので、要注意。

「リバーズエンド」4巻を読んだ

橋本紡のリバーズ・エンド〈4〉over the distanceを読んだ。3巻あたりから固有振動数が一致してきたので、4巻では心の琴線をカッティングしているような感じ。 最終兵器彼女ほどではないにしろ、背景について殆ど触れられていない。というわけで、以下ネタバ…

「リバーズエンド」3巻を読んだ

橋本紡のリバーズ・エンド〈3〉free the birdsを読んだ。今回のはなかなか面白く感じた。 かといって今夜は感想を書くのも面倒なので、さっさと4巻を読む所存。

「毛布おばけと金曜日の階段」を読んだ

橋本紡の毛布おばけと金曜日の階段を読んだ。これは、ライトノベル? いつかこーいうオススメの本を纏めようと思う。自分の感想だけじゃ、ここを読んでる希少な方々には全く以って有益じゃないし。 では、以下にはネタバレを含む可能性が無きにしも非ずなの…

「リバーズ・エンド」2巻を読んだ

橋本紡のリバーズ・エンド〈2〉slash the heartを読んだ。 以下、ネタバレの可能性があるので、未読の方はご注意を。

「NHKにようこそ!」を読んだ

滝本竜彦のNHKにようこそ!を読んだ。以前から欲しかったので、文庫を見つけたときは喜んで手にとった。 以下、ネタバレを含むかもしれないので未読の方はご注意を。

「リバーズ・エンド」を読んだ

橋本紡のリバーズ・エンドを読んだ。 以下、もしかしたらネタバレを含むかもしれないので、未読の人は要注意。

「半分の月がのぼる空 4」を読んだ

橋本紡の半分の月がのぼる空 - grabbing at the half-moonを読んだ。 1~4巻を読む間、その早さが指数関数的に増加していった。1/2(つまり2日)、1(1日)、2(1日に2冊)という感じ。 それはさておき、以下ネタバレを含む可能性があるので、未読の方々は注…

「半分の月がのぼる空 3」を読んだ

橋本紡の半分の月がのぼる空 wishing upon the half‐moonを読んだ。 本作を読む場合は、可能なら事前に「チボー家の人々」を読んでおくと感慨深くなれるかもしれませんが、まぁ読まなくても大して問題はありません。 早く4巻をカバーに納めて続きが読みたい…

「半分の月がのぼる空 2」を読んだ

早速、前巻に引き続いて橋本紡の半分の月がのぼる空 - waiting for the half‐moonを読んだ。 以下ネタバレを含むため、未読の人は注意。ちなみに、今回は事前に宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を読んでおくと、ちょっと辛くなれます。

「半分の月がのぼる空」を読んだ

どっかのスレ(何処)で薦められてたので、橋本紡半分の月がのぼる空 - looking up at the half-moonを読んでみた。 久しぶりに普通の本を読んだ。最近、殺人が起こったり、レシプロ機で空を飛んだり、大正浪漫の盗人の語りといった、ちょっと日常からかけ離…

「天切り松 闇がたり 初湯千両」を読んだ。

浅田次郎の「天切り松 闇がた 初湯千両」を読んだ。 以下、ネタバレを含むので注意。

「笑わない数学者」を読んだ。

森博嗣の笑わない数学者Eを読んだ。 以下ネタバレを含むので注意。