日付・時刻の書式が設定通りにならない場合。

WordPressでは、管理者用画面から日付と時刻の書式を一括して指定できるようになっている。でも、実際にはテーマの方でハードコーディングされていたりして、有効にならないことがある。というか、実際そのせいでさっきまでこのWordPressの日付でも有効にならず、曜日が化けていた。

そんな場合は、有効にしているテーマのディレクトリ以下で、日付を出力する関数のthe_dateもしくは時刻を出力する関数のthe_timegrepして、引数に書式が与えられていたら削除すれば、管理者用画面からの設定が反映されるようになる。